肌を変える洗顔と「守り」&「攻め」のスキンケア
美容の話

ポーラさんの研究が面白すぎるので伝えたい件

この業界に飛び込んで、各社さんの研究発表を身近に聞くようになってまず思ったのが

資生堂&ポーラ の研究すごすぎ やばくね?

ってことでした。
なんていうんですかねー着眼点がいい。素人でもわかっちゃう着眼点のよさ。
わーそういうの知りたかったー!っていうご研究ばっかりで、いつもノーベル真理子賞にノミネートされまくりなんですよ。この2社さんは!

もうさーポーラさんの点描画からヒントを得たファンデとかその発想どこから・・??なんですけど。ずるい。スゴイ。

YOU達、動画でこのファンデの仕上がりの違いみちゃいなYO!

で、今年も世界の皮膚科学の集大成「IFSCC@ミュンヘン」に見物人として行ってきたわけなんですが、惜しくも最優秀賞は逃したものの、ポーラさんの研究がすごーーーーくすごーーーーくよかったので、勝手に紹介します。ただのポーラファンがお届けする3つの論文!
たぶん本当は写真撮っちゃいけなかったりかもしれないけど、それでも載せちゃうけど、問題だったらこっそり教えてポーラさん・・でも悪いようにはしないから・・ね・・・

前情報としてね、ポーラさんは近頃「皮下組織」についてよくご研究されています。表皮とか真皮のさらに下ね。あとは血液とか。
去年はたるみが多い人は血中のコレステロール量が多いっていうご研究も発表されてたヨ。
漢方的にたるみでるのは瘀血(おけつ)だけどまぁ・・そのあたりとも合致するよね・・

まずはアナウンサー系イケメンKさんの発表だよー!

人はどこをみて年齢を判断してるのか?

いや・・・気になるじゃないですか。人間ってだいたいの年齢をどこを無意識的に見て判断しているのか。
もはや人間だけじゃない、猿あたりまでの霊長類全般が気になるはず。上下関係厳しそうだし。

これね、数年前に人の視線をヒートマップで分析して結果「頬あたりをよく見てる」っていう発表をされていたと思うんですけど、それに続くご研究。

この微妙~~~な表情の動きの遅れはわずか「0.1秒」なんだそうですよ・・・
たった0.1秒なのに、この表情の動きが若い人をより若くみせ、オバはよりオバに見えるという・・・ガクブル・・・

ツイにも書いたけど、この表情の動きの遅れは皮下組織(またしても!)の上部が影響していると考えられていて・・・
この続きは来年ミラノで!!ということでした。韓国アイドルのカムバ並みに楽しみすぎるだよ~

個人的に「人は人のどこを見て年齢を判断してる!?」ってのは私自身一番気になるところですので、IFSCC真理子大賞は間違いなくこの発表です。
Kさんおめでとうございます。

続いては、どうみても格闘家Nさんのご研究~

筋トレするとシミができにくくなる

筋トレ女子がよく「肌綺麗になった気がするぅ~」って言ってますけど、気のせいじゃない模様。

とりあえず筋トレしといて損はなし。

筋トレしようぜ!!

この世で一番筋トレにやる気のない私ですら奮い立たされましたよ。美肌のために・・・やるか・・・筋トレ・・・

続いては口頭発表ではない、ポスター発表。
性格のよさがだだ漏れ、韓国アイドル並みに肌が白く美肌のKさん(男性です)

緑が多いと皮膚常在菌にいい影響が!

こういうところなんだよ・・・ポーラさんのすごいところは・・・
皮膚常在菌って業界的には2018年のホットワードだけど、「何を塗るか」じゃないんじゃないんだよ「あなたのいる場所の空気」を見てんだよ!
はいその視点はなかったーー!新しいーーー!!

具体的にどの植物がどうとかってことは全然未知数だけど、コンクリまみれの生活よりも、緑と多く触れ合う生活の方が皮膚の常在菌にとってはよい!ということみたいデス。

もうあれですね、
筋トレ嫌い&アウトドア大嫌い&植物大嫌い&コンクリ大好きの私は生まれなおした方がいいかもしれませんね。

と3つ、お届けしてまいりました。
いやー今年はポーラさん、最優秀とっちゃうんじゃない?って期待してたけど、資生堂の大御所がAI×3Dっていう落合陽一的な超ド級の発表でまぁ・・・それだされたらね・・・それですよね・・・ってな感じで資生堂さんが最優秀賞だったんですけどねー、でも私は本当にポーラさんの研究が好きだし、すごくよかったと思うんだ!

.
もうさー資生堂江連さんは神の域だから、殿堂入りでいいんじゃないの?
基調講演をやっていただいて、賞レースからはご卒業頂いて・・・ねぇ・・・?ダメ??

最後に。

ネット上での心無い化粧品成分分析に惑わされないで

私のブログをずっと読んでくださってる方は、
例えば食べ物の原材料名に「いちご」と表記があったとき、そのいちごがブランド「あまおう」でも「中国産激安いちご」でも製品の裏の表記では一律に「いちご」になってしまうこと、それは化粧品も同じこと、だからこそ全成分名だけでは簡単に判断できないこと。
値段の違いはそういったところに反映されること。

をよくわかってくださってると思います。

化粧品の原価なんてたいしたことなくて、ほとんどが広告宣伝費とかいう話もよくありますが、実際に大手化粧品は(そら宣伝もしてるけど)こういった世の人に役立つ最先端の基礎研究もしっかり行っており、世界でも日本の化粧品会社のレベルはトップクラスに高いです。

あなたが何にお金を使うか・・は「あなたが何を応援するか」に直結します。
もしこの記事を読んで、ポーラさんの研究に感銘を受けたなら、(私が言うのも変だけど)ぜひポーラさんの製品を何か買って差し上げてください。
(さらに変の上塗りだけど、リンクルショットよりも美容液レブアップが好き・・・コンセプトがね・・)

それでは♪

.
.

↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

LINE@始めました!ご質問もこちらからお受けしています↓

「@mistralcosme」(@いれないと出てきません!)で検索していただくか↓

友だち追加

blogbanner_234-60_0814a.jpg