肌を変える洗顔と「守り」&「攻め」のスキンケア
美容の話

洋服が白くならないボディ用日焼け止めの話

もうなんだか夏みたいな陽気が続いていますが、今日はボディの日焼け止めについて。

皆さん・・・デコルテやら腕に日焼け止め塗ったら服が白くなった経験ありませんか??

そして、それ、嫌じゃないですか?

.
.

私は嫌です!!!

.
.
.
ということで、洋服が白くならない日焼け止めについてのお話です。
.
.

なぜ服が白くなるのでしょうか?

ズバリ、それは酸化チタンと酸化亜鉛の仕業です。

日焼け止め=紫外線の防御成分には2種類あることはご存知ですよね。

▶紫外線吸収剤(ケミカル)←油

▶酸化チタン・酸化亜鉛 ←粉

日本では、ノンケミ、つまり吸収剤フリーがそこそこ幅を利かせているし、吸収剤と合わせて酸化チタンや酸化亜鉛を一緒に配合しているケースがほとんど。

ただーし。
この酸化チタン、ファンデーションの顔料でも使われていますが、白いんですよ。
そのままだとほんと白くて小梅太夫になりますので、日焼け止めでは白浮きさせないためにナノ化とかされています。

でもね。ナノ化されてても、日焼け止め塗った腕が洋服とかにあたってこすれたりすると、洋服白く汚れるんですよ。

とゆーことはね。

酸化チタン・酸化亜鉛などの「粉」のない、吸収剤オンリーの日焼け止めなら、そもそも白浮きしないし、洋服も白くならないわけ。

 

吸収剤オンリーの日焼け止め

さて。海外製品では吸収剤オンリーの日焼け止めってあるけど、海外のUV製品ってベタつくの多いんだよねー・・日本の夏に使いたいとは思えない・・・
でもここは吸収剤嫌われがちな日本。

日本のメーカーで吸収剤オンリーの製品ってあるのかいな?思ってたら、あった。

アルビオンのファインコンフォートボディ!

 

.
.

実は去年からアルビオンの日焼け止め買ってた

ブログに書きそびれていたけど、アルビオンの日焼け止めは去年すたほ姉から

アパレル界隈で、ラデュレの日焼け止めが洋服白くならないって言われてるらしーよ!と勧められてて。(ラデュレはアルビオンです)

これは去年のインスタにあげた写真ね↓

いやね、しょーじきアルビオンノーマークだったんです。
アルビオンに興味がなかったのではなく、むしろめっちゃ好きだったんですよ。その昔は。
元々、わたくしの仲良しの友達がアルビオンのライセンス化粧品(エレガンスとかポール&ジョー・アナスイ、今はなきソニアとか)部門の企画に居て、その時はよーくよーくアルビオン買ってたんですよ。

で、特にエレガンスの「グロウィングボディ」っていう一瞬で叶姉妹になれるラメラメ入りの日焼け止めが大大大大大好きで。
昔のブログからひっぱってきたよ。写真!↓

中身もキラキラなら容器だって金ぴかバブリー!

でめっちゃ気に入ってたのに、アルビオンたら廃盤にしやがったのよ!!!これを!!!
死神まりこ降臨しちゃったのよ。

で、そのころ私の友達も退社したり、アルビオンの中でも結構課金していたエレガンスがリブランディングでアイシャドウとかファンデも全然変わっちゃったりで、

もうアルビオンなんて知らね!(怒)

ってなってたんですよ。大人げない逆恨みです。ちっちぇ女なんです私。

しかもね、もう一つノーマークだったのが、コーセーとかアルビオン(コーセー子会社)って、粉の使い方が上手なんですよ。
だからファンデーションとか作るの上手なんです。
そんな粉の魔術師がまさか粉を使わない、吸収剤オンリーの日焼け止めを作ってるなんて思ってなかったヨ。
しつこいけど、日本の消費者からは吸収剤ってあんまりよく思われてないから、まさか吸収剤オンリーの日焼け止めを日本のメーカーが作るなんて~!と思ってかなりびっくりした。

でも。
すごい素晴らしい振りきり方で、かえってすごいアルビオン見直したよ!(何様)

で、去年ラデュレ日焼け止めを買ってみて、確かに白くならないぞ!
(去年のラデュレは全成分の最後の方にちらっと酸化チタンの文字があるけど、これは配合量から言ってもべたつき防止の配合だと思う。)

と確信を経て、今年もアルビオンのUVを日常ボディ用に新調してみたのです。

当たり前だけど、吸収剤にアレルギーがある人は使わないでね。吸収剤オンリーだから。

あと、アルビオンは銀座三越8Fに免税店がありますので、海外に行く方はぜひ!三越伊勢丹カードで支払うとさらに割引もありますよ!
アルビオンは空港に免税店構えてないのでありがたいね!
.
.

日焼け止めで肌荒れする・・という人にちょっとアドバイス

吸収剤だけを敵視しないで~

日焼け止めがなんか合わないなーぶつぶつできるなーとかかゆくなるなーって人、日本だと吸収剤だけが敵視されがちだけど、ノンケミ日焼け止めに使われる酸化亜鉛の金属アレルギー説もあるっちゃある。汗かくとかゆくなる人は怪しい。

さっきも書いたけど、吸収剤ありの日焼け止めもだいたい酸化チタン・亜鉛と併用してることが多いので、ここはひとつ、吸収剤オンリー日焼け止めも、試してみる価値はあるかも。

UVは使用部位や用途によって使い分けよう!

私は顔とボディ、基本的に同じものは使わないし、日常と海ではもちろん別のものを使います。
基本的に顔には紫外線防止効果あり(SPF/PAあり)の化粧下地を使いますのでUVは塗らないです。

また、日常生活と海では全然シチュエーションが違うので、日常使いのものを海で使ったらそら焼けます。
海や汗かくぞーというレジャー時はこちらの記事を参考にしてくださいませ。

 

と、こんなに散々日焼け止めについて書いたわりに、意外と日常ではボディに塗り忘れたりよくするので、資生堂のクリアスティックUVプロテクターも気になってる笹本でした!(ずっと売り切れてる・・・涙)

.

.
↓クリックして頂けるととても励みになります♪↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

LINE@始めました!ご質問もこちらからお受けしています↓

「@mistralcosme」(@いれないと出てきません!)で検索していただくか↓

友だち追加